男結び(イボ結び)の正しいやり方

覚えているとどこでも役立つ結び

もともとは造園工事の仕事で竹垣などを結束するときに使用する結びでしたが、ボクは緩まないよう結束したいときによく使用しています。

例えば日常生活でいうと、段ボールや新聞紙などを束ねておきたいとき緩まないように結束しておきたいですよね?

「まとめる」「束ねる」ことはこのように日常生活の様々な場面で必要になってきます。

この時に「男結び」は非常に役立ちます。
(造園関係の仕事をしている方は「イボ結び」とも呼んでいます)

紹介に至る経緯

恥ずかしい話、ボクはこの男結びをどういう訳か間違って覚えていたらしく、結んだあと緩んでしまうことがありました。それで勉強し直して正しい順番を覚えました。

後述しますが、緩んでしまうことは結びの構造上仕方ない部分があるのですが、正しい結び方を覚えていれば日常生活ではかなり役に立つ結びです。

結び方

では早速説明していきますね。

1.右から左へ紐を通します

逆にしてしまうと全ての作業が逆になりますのでご注意ください。

2.元紐で輪を作る

左側から出てきた末端の紐を通すように輪を作ります。

3.紐の交点を左手で押さえ、固定する

右の末端の紐をしっかり引き込んでおいてから、左手で緩まないよう固定します。

右手が自由に使える状態にします。

4.右手で末端の紐を取る

5.交点に巻き付けるように反対側へ末端の紐を回す

一番大切なポイントです。

左手で固定している場所の交点に下から末端の紐を左側へ回します。

しっかり引き込みながら回してください。

6.末端の紐を輪に通す

上部に末端の紐を回してきて、上から下へ輪に通します。

慣れてきたら輪の下から右手の指を入れて、末端の紐を引き出しましょう。そうすると作業が早くなります。

輪から出てきた末端の紐はしっかり引いておきましょう。

7.左手で輪を上に押さえる

緩まないよう気を付けながらそのまま輪を上に押し込んで固定します。

8.元紐を引き込む

末端の紐じゃなくて、元紐を手前に引き込みます。


9.最後まで引いたら完成!

最後まで引き込んだら元紐と末端の紐を交互に引いて強く結束します。

不要な紐はハサミ等で切ります。

☆初心者のための枝透かし剪定の方法の記事はコチラをクリック

☆庭木の移植作業に欠かせない「根巻き」方法の記事はコチラをクリック

結び方が分からない・・

画像ではちょっと分かりづらい・・という方のために!

動画でも解説を加えています。

以前に視聴者さんからリクエストがありましたので、先ほどの手順をさらに分かり易く解説をしています。

仕事では「アイスプライス」の施してあるロープを使いますよね?
自分でも出来ますよ!記事はコチラをクリック

緩んでしまう原因

通常のナイロンロープなどで段ボールを結束するときなどは問題ありませんが、実はこの結び・・

弱点があります

何度も結束して紐の種類も色々変えて試してきた結果、分かったことがありました。

それも動画にまとめていますのでよかったらこの機会にご覧ください。

内容にご満足いただけましたら動画内の高評価ボタンのクリックをお願いいたします。

まとめ

いかがでしたか?

構造上の弱点を理解した上で紐・ロープを用途に合わせて使用すれば、この上なく便利な結びとなります。

是非役立てて下さい。

◆この機会に「アイスプライス」の結び方にもチャレンジしてみませんか?
→記事にまとめていますのでコチラをクリック

◆YouTubeで作業の手助けになる動画をたくさん作ってます


「ひとり親方ユーチューブ」チャンネルはコチラをクリック

「勉強になったな~」「ぜひトライしてみよう!」と共感して下さった皆様!よかったら↓ポチってランクアップのご協力をお願いいたします!(`・ω・´)ゞ

造園業・植木屋ランキング

男結び(イボ結び)の正しいやり方” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です