YouTube顔出しのメリットとデメリットを考えてみた

2016年5月27日より仕事で使用しているロープワークや、剪定関連の動画を公開してきました。丸2年を迎える前にいろいろ考え、家族とも協議した結果、この度ボクひとり親方はサングラスを外して動画を公開していくことを決意しました。

まずはいきさつについて動画にまとめていますのでよろしければそちらをご覧になって下さい。

内容にご満足いただけましたら動画内の高評価のクリックをお願いします。

感じていた不安について

動画でお話した通り、「顔出し」を踏みとどまってきた大きな理由としてプライバシーの確保は出来るのか?というのがやっぱり一般人として不安に感じた大きな理由でした。

これは皆さんも同様にお感じになられる点だと思います、ネットを介して世界中に知れ渡るわけですからね。でもこんな風にも考えてみました。
ボクたちは生活をしていくうえで必ずどこかで顔を晒して生きています。どんなに部屋に引っ込んで作業するような仕事だとしても、買い物へ出かけることもあるでしょうし友達にだって会います。公共機関を利用すれば駅では不特定多数の人々に見られるわけです。
ネットで登場するのか日常生活で見られるのかの違いだけなんですよね。それにチャンネルの性質上、別に私生活を取り上げて動画にすることも今のところありませんので、そこまで神経質にならなくてもイイのかなぁと。

YouTubeのチャンネル登録者が1万人を超えだすとボチボチ街で声を掛けられることがあるという話を聞いたことがありますが、その方は東京の大都会のオフィスで働いておられる方ですので、ローカルに住んでるボクにはそこまで心配しなくても良さそうです。1万人までまだまだですしね。

それよりメリットが大きい

前回、大阪の有名ユーチューバー、「ケニチ」さんのライブに出演した記事を書きました。
まだご覧になっていない方はコチラをクリック
大阪へ早めに到着したのでケニチさんと少し個人的にお話する機会に恵まれました。現段階で9万人近くの登録者を抱えるケニチさんがボクに2つのアドバイスを下さいました。そのうちの1つが「顔出し」です。顔出しはチャンネルの成長に大きな働きをしますし、視聴者の信頼関係を築く上で欠かせないと思います。
彼がライブ中にリアルタイムで届くチャットを見ながら、それを取り上げ笑顔でコメントを返す。個人に向かって話しかけるようなスタイルはボクにとってとても魅力的でした。

ライブには他に吉本興業のグッピーこずえさん、ラジオパーソナリティを務める馬場哲平さん(「ごめんやす馬場章夫です」の長寿番組の司会をしていた馬場章夫さんの息子さん)がいらしてました。

「顔を出すことが当たり前」の世界の方たちばかりとのライブで正直腰が抜けそうになるほどビビりましたが、とても良い感化を受けることが出来ました。大きいチャンネルほど、またはチャンネルを大きくしたい人ほど「顔出し」は絶対お得なんです。それだけで登録者の増加につながりますし、視聴者との信頼関係を深めることの助けにもなります。

まとめ

ケニチさんから家族に与える影響、子どもをどうやって守るのかも具体的にお話をお聞きすることもできました。
それで総合的にボクについていえば、顔出しのメリットデメリットを考えたときにメリットの方が大きくなってきたのでそうしました。

「ボクについて」なので、皆さん全てに一様に当てはまることはないと思います。ボクもチャンネルを始めたときはデメリットの方が大きいと考えて顔出しはしませんでした。でも現段階、そしてこれからを考えると今は顔出しをした方がさらに成長を期待できると確信できるまでになったのです。

ですのでボクが今回のお題で言えることは出す出さないではなくて、段階的に考えていけばイイんじゃないかなぁと思います。現段階でデメリットが大きいと考えるのであれば伏せておいて、メリットの方が大きいと感じる時が来れば検討すればイイと思います。

この情報がお役に立てると嬉しいです。

◆YouTubeで作業の手助けになる動画をたくさん作ってます


「ひとり親方ユーチューブ」チャンネルはコチラをクリック

「勉強になったな~」「ぜひトライしてみよう!」と共感して下さった皆様!よかったら↓ポチってランクアップのご協力をお願いいたします!(`・ω・´)ゞ

造園業・植木屋ランキング

YouTube顔出しのメリットとデメリットを考えてみた” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.