【ロープワーク】アジャスタブルグリップヒッチのやり方

この間「コンストリクターノット」をご紹介しました。

ゲストにバイオリニスト水谷美月さん↓

(画像をクリックすると彼女のホームページへジャンプします)

をお招きして(笑)この結びをご紹介しました。
この結びを紹介した記事にも書きましたが、続きがあってボクのYouTubeチャンネルの視聴者さんからコメントを頂きまして、楽器のケースを仮止めするのにもっと適した結びがあるよ!ということで今回の結びを教えて下さいました。

一見普通のループにした結びに見えますが、この結びのスゴい所はループの大きさを調整でき、且つロック機能付きということです。似たような結びに「自在結び」というものがありますが、この結びよりも強固にホールドできると思います。

結び方

では早速結び方をご紹介していきますね。

①まず折り返して末端の紐を元紐の上に置きます。

②そこからループ側へ2回、中に通して巻きます。

③3回目はループになってる2本の紐を巻き込んで1回巻きます。
 この時、左手人差し指に紐を掛けておいて、後でそこに通すようにしておきます。

④折り返して引き解けにした状態で通し引き締めてやると完成です!

ループを引っ掛けて紐を引っ張ってもしっかり固定されています。でも結び目を持って引いてやると何と!ループの長さを調整できるんです!


何とも不思議な結びですよね。毎度ながら考案した人に深~くリスペクトします。

スポンサーリンク

ロープワークのチャンネルをYouTubeで運営している立場上よく参考書を読むのですが、このロープワークが大きく発展したのは「大航海時代」のようですね。風の力を利用して船を操るために用途に応じて手際よくなされる結びが次々に考案されたみたいです。それが出来る出来ないで世界の覇者になれるかなれないかに繋がっていったと思うとロープワークって深い~

動画にまとめました

いつものように分かり易いように動画でも解説しています。よかったら合わせてお楽しみください。
内容にご満足いただけましたら動画内の高評価のクリックをお願いします。

視聴者さんからご指摘を受けてこの結びをご紹介しましたが、実はこの結びには「応用編」が存在します!
それはあらためて動画にしてからブログでご紹介させてください。発想の転換と言いますか、頭を捻ればまだまだ面白い結びを考案できるんじゃないかと可能性を感じさせてくれる結びです。お楽しみに!

◆YouTubeで作業の手助けになる動画をたくさん作ってます


「ひとり親方ユーチューブ」チャンネルはコチラをクリック

「勉強になったな~」「ぜひトライしてみよう!」と共感して下さった皆様!よかったら↓ポチってランクアップのご協力をお願いいたします!(`・ω・´)ゞ

造園業・植木屋ランキング

【ロープワーク】アジャスタブルグリップヒッチのやり方” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.