ジャンルに縛られずにロープワークを追求する

今日もポカポカ陽気で花粉症もスゴいことになっているんでしょうね(汗)
まだ桜も楽しめています、が今晩の雨でだいぶ散るかもですね。

さて、今日はまとめて借りていた図書館の本を返却しに行きました。一昔前とは違って今はとても便利な時代です。
何がって?

いや、図書館のサービスですよ。スマホからサイトへアクセスして蔵書の検索もできますし、一図書館だけではなく市全体の図書館の蔵書すべてを調べて借りることも出来るんですよねぇ・・スゴい!!

YouTubeでロープワークの紹介動画を出すようになってから図書館を今までになく利用するようになりました。
これにはたくさんのメリットがありました。あまりたくさんの本を買い漁ることのできるような経済状態ではありませんので(汗)まずは蔵書をじっくり見て精査して、それから本当に優れた本だと思うものを後で購入することが出来ます。

これまでに何十冊も借りてきては読んできましたが、最近感じ始めたのはだいたいメジャーな結び方を紹介した本が溢れていて、この方法だけで探しているとネタが切れそうだなぁということです。

スポンサーリンク

今日も5冊返却しましたがどれも既に知っていて動画で公開しているような結びばかりでした。
あ、でも1冊だけ情報量の多さ・深さに感嘆した本に出会いましたよ。
それがコレです↓

「図解 実用ロープワーク」

これまで見たことがないような分厚い本でした、もうこれだけで著者の意気込みを感じることが出来ます(笑)

著者は前島一義(まえじまかずよし)さんという方で船長を勤めていらっしゃった方です。海の人だけあって紹介している結びの種類も豊富で逐一注意点が書かれているところなど、経験者でしか表現できないところをちゃんと書いておられました。

もともとロープワークというスキルは以前にも書きましたが、船舶関係の結びから始まって広がったと言われています。
大航海時代に船乗りたちが素早く船を操るために欠かせなかったのがロープワーク。みんな競って考案したんだと思います。
無駄がなくて解きやすい、先人たちの知恵にいつも驚かされます。

きっと植木屋だけの人生だったら、もうそれ以上スキルを広げて深めようとは思ってなかったと思います。でもこうやってインターネットでビジネスが出来ないか考えるようになって、YouTubeで、またはこのブログでロープワークを紹介するようになってボクも新たなスキルを学ぶ機会が出来て本当に良かったなぁと思っています。

探し方に少し工夫をしていけばまだまだすばらしい本に出会えると思います。今後も続けていってためになる動画を作っていこうと思います。

◆YouTubeで作業の手助けになる動画をたくさん作ってます


「ひとり親方ユーチューブ」チャンネルはコチラをクリック

「勉強になったな~」「ぜひトライしてみよう!」と共感して下さった皆様!よかったら↓ポチってランクアップのご協力をお願いいたします!(`・ω・´)ゞ

造園業・植木屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.