【ロープワーク】ストッパーノット(ダイヤモンドノット)のやり方

今回は結び目がとても美しいストッパーノット「ダイヤモンドノット」をご紹介します。

ハトメから抜けてしまわないようにコブを大きくして留めるストッパーとしての役割を果たすこともできますし、その形状から装飾として使用することもできます。この結びにはいくつかのバリエーションが存在するのですが、今回は1つの紐から結ぶことの出来るバージョンをご紹介しますね。

結び方

①まずはこのように左右にループを作ります。

②できた2つのループを少し重ねます。

③重なった部分をジグザグに紐を通していきます。

④出てきた紐を手前に戻して画像のようにさらに通します。

⑤通し終わったら形を整えながら引き締めていきます。

⑥仕上げは1本ずつ引き出しては引き締めて、緩みを取っていきます。全部の緩みを取ってやれば完成です。

※注意点
一度に締め込んでも必ず緩みが残ってしまいますので、まずは形を整えながら全体を引き締めて、それから1本ずつ引き締めて下さい。

スポンサーリンク

動画で確認

YouTubeでロープワークを紹介する動画を作るようになってつくづく感じることなんですが、ロープワークとYouTube・・最高に相性がイイです。
図書館で専門書や参考書をたくさん読みますが、文とイラストだけでは伝えきれないことがロープワークにはたくさんあります。
「動き」で伝えることが出来るのはホントこの時代ならではのことですよね!

今回もこの結びの動画を公開しています。ぜひ確認のためにもご覧になって下さい。
※動画の内容にご満足いただけましたら動画内の高評価のクリックをお願いします。

まとめ

いかがでしたか?動画でも紹介しましたが、ボクはカバンのアクセサリーとして使用しています。

よく使うものがどこにあるのかという目印になっていて助かっています。
パラコードもいろんなカラーがあってカバンに合わせて作ってみるのもイイかもしれませんね。
これからはこういう装飾系の結びにもチャレンジしてみたいです。

◆YouTubeで作業の手助けになる動画をたくさん作ってます


「ひとり親方ユーチューブ」チャンネルはコチラをクリック

「勉強になったな~」「ぜひトライしてみよう!」と共感して下さった皆様!よかったら↓ポチってランクアップのご協力をお願いいたします!(`・ω・´)ゞ

造園業・植木屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です