YouTubeパートナープログラム【YPP】収益化のコツ

さらに厳格化される基準!

昨年にYouTubeは収益化するための基準を引き上げましたよね?「チャンネル内の総再生回数1万回」という基準でした。ですが今回、2018年2月20日よりさらに厳格化された基準が施工されます。

大幅変更となった新しい基準は2点。

・チャンネル登録者が1,000人

・過去12か月の総再生時間が4,000時間

この2点をクリアした場合にYouTubeパートナープログラム(YPP)に参加して収益化することが出来ます。
今月閉鎖されるクリエイターコミュニティでも「やる気が失せた」「トップクラスのユーチューバーのみが儲けるのか」といった嘆きの声が聞こえました。

なんでこうなった?

確かに、ハードルが上がって難しさを覚えるのも無理はないことだと思います。自分の前に大きく立ちはだかる壁のようにも感じます。

原因は良識の欠いた一部のユーチューバーによる、過激な動画によって多くの広告の企業主が去ったことだとされています。誰でも自由に動画を投稿できるマイナスの部分が大きく影響したといえるでしょう。スポンサーが減ってしまうとYouTubeそのものの経営が難しくなるので今回の決定がなされました。

でもそれによって真面目に動画作りに励み、良質なコンテンツを提供するクリエイターまで影響を受けてしまうことがあってはいけないとボクは思っています。なのでボクたちクリエイター自身が出来ない理由を探すのではなく、できる方法を考えないといけません。

環境を変えることはできないかもしれませんが自分を変えることはできます。

新基準でも収益化を成功させる!

YouTubeで収益化をさせたいと願っておられる皆さん!まずは次の動画をご覧ください。
チャンネルの規模としてはまだまだ大きくはないですが、新基準でも収益化に成功したボクひとり親方が収益化を成功させるための3つの秘訣について語っています。

内容にご満足いただけましたら動画内の高評価のクリックをお願いします。

いかがでしたか?
3つの点はこうでした。

1.ジャンルはハウツーがおススメ

2.「隙間」を狙う

3.失敗部分を取り入れる

さらに感じている点もここで書きますね。これはあくまでボク個人が考えていることですのでその点あらかじめご了承ください。

YouTubeの魅力って何だろう?と考えたことがあります。その1つに「より人間らしさを表現できる」ことだとボクは感じています。
「完成されたもの」「美しいもの」で競えば映画やテレビに勝るものはありません。その分野でのプロがいて商売が成り立っています。
なのでそこで競うのではなく、もっと違ったカタチのもので勝負しなければなりません。雲の上の存在、アイドルのような人がやっているのではなく、もっと身近な、言わばお友達のような人がやっているので親近感が湧くのではないでしょうか?

ボクはこの考えを念頭に置いて毎回撮影に臨んでいます。そうすると話し方においても、説明を加えるにしても接し方がよりフレンドリーに表現できます。なるべく肩の力を抜いて等身大の自分で話す―これも成功に繋がる秘訣だと思います。

この記事が収益化を願う皆様の助けになれば幸いです。

◆YouTubeで作業の手助けになる動画をたくさん作ってます


「ひとり親方ユーチューブ」チャンネルはコチラをクリック

「勉強になったな~」「ぜひトライしてみよう!」と共感して下さった皆様!よかったら↓ポチってランクアップのご協力をお願いいたします!(`・ω・´)ゞ

造園業・植木屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.