アドセンス【関連コンテンツ】月1万PVも行ってないのに使用可

皆さんグーグルアドセンスが無料で提供している「関連コンテンツ」というサービスをご存知でしょうか?

ブログをやっている人しか興味がないと思いますが(汗)、とても素晴らしい機能の1つで統計によると「関連コンテンツ」を使用するだけで、平均的なおすすめの関連コンテンツでページビュー数が 9%、滞在時間が 10% 向上するそうです(アドセンスヘルプより)

つまりコードを貼り付けるだけでおよそ1割PV数が上昇するという魔法のような機能です(笑)

まぁそれで「関連コンテンツ」って?話になるのですが、見てもらうのが一番早いですよね。

↓これがグーグルアドセンスが提供しているサービス「関連コンテンツ」です。



ブログを見ていると記事の終わりによく見かけますよね。視認性に長けていてボクも続きを見てみようと利用することがあります。
自動で記事が選択されその中にアドセンス広告も入っていて、もちろんクリックされると広告収入が発生します。

誰でも利用できるという訳ではない

ただ残念なのはこの機能を使用するためには一定の条件をクリアしていないといけません。

アドセンスヘルプでは

「関連コンテンツは、特定の要件を満たすサイト運営者様のみご利用いただけます。ご利用になるには、サイトのトラフィック量とページ数が最低要件を満たしている必要があります。この要件は、関連コンテンツによってサイトのユーザーに確実に優れたエクスペリエンスをお届けするために設けられています。」

とあります。詳しい条件内容については一切触れられていませんので分かりませんが、関係するネット情報を集めてみると結構ハードルが高いようにも感じました。

スポンサーリンク



確認方法

条件を満たしているとグーグルアドセンスの方から「関連コンテンツが利用できます」というような内容の通知が届きます。

そのあと「広告ユニット」の項目から「新しい広告ユニット」へと進むと、

今までに反映されていなかった項目が増えていることに気付きます。

あとはコードを取得して該当する場所にコピペするだけでOK。
とても簡単です。
ボクも早速これまでに書いてきたすべての記事に反映できるように猛烈にコピペ作業を行いました(笑)

「特化型」ブログはイイらしい

さて話を戻しますが、まだまだ「ブロガー」としては初心者のボクですが、そんなブログでも何でこんな早い段階から「関連コンテンツ」を利用できたのか不思議だったのでさらに情報を集めてみたのですが、要約するとどうやらボクみたいな「特化型」のブログはグーグルアドセンス側としても広告を付けやすいジャンルのようです。

反対にジャンルが定まっていないブログには広告が付けにくいということになるのでしょうか?
であれば内容ごとにブログを作った方がイイように感じますね。



↓YouTuberとして他にも役立つ情報を書いてます。合わせてお楽しみください。
→YouTube動画【無断転載】BuzzVideoに掲載される
→YouTube【視聴者維持率】を効果的に上げる方法
→検索上位するためSEO検証した結果Google検索上位に!
→YouTubeパートナープログラム【YPP】収益化のコツ
→YouTube顔出しのメリットとデメリットを考えてみた
→YouTubeカスタムURLの魅力
→YouTube公開した動画を見直すメリット
→WordPress公式提供 高機能プラグインJetpackの翻訳機能

◆YouTubeで作業の手助けになる動画をたくさん作ってます


「ひとり親方ロープワーク」チャンネルはコチラをクリック

「勉強になったな~」「ぜひトライしてみよう!」と共感して下さった皆様!よかったら↓ポチってランクアップのご協力をお願いいたします!(`・ω・´)ゞ

造園業・植木屋ランキング

関連記事

【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで⑤Googleアドセンス編

無料ブログとの大きな違い このシリーズも第五弾を迎えました。まだご覧になっていない方

記事を読む

ブログの閲覧数ぶっちぎりの理由を探ってみた

2018年1月より楽天の無料ブログから引っ越して独自ドメインによるブログを始めました。 (

記事を読む

【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで①いきさつ編

今回はボクの生活に関係するマジでシリアスな(汗)話をシリーズでお伝えします。 いきさつを語

記事を読む

【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで④YouTube編

「【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで」シリーズの第四弾です。 これまでの経

記事を読む

【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで③無料ブログ編

「ネットでビジネス」始めたこと 「【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで

記事を読む

WordPress公式提供 高機能プラグインJetpackの翻訳機能

ブログが海外から閲覧されるように ボクのチャンネルはロープワークを専門に扱うYouT

記事を読む

【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで②事業不振編

前回はボクがネットでビジネスが出来ないものかと考えるようになったいきさつについて書きましたね

記事を読む

ブログを長く続ける秘訣

パンパカパーン!!(笑) 気が付けば今年の初めに独自ドメインによるこのブログ、「ひとり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ロープ 紐をつなぐ結び方【バイオリンベンド】Violin Bend Knot

結び目が特徴のある【バイオリンベンド】をご紹介します。

YouTube【チャンネル登録者10,000人達成!】原因を分析

先日2018年11月の終わり頃、ボクのYouTubeチャンネル

ロープ 紐をつなぐ結び方【バイスバーサノット】Vice Versa Knot

結び目がとても綺麗な【バイスバーサノット】の紹介です。

ロープの端に輪を作る【アングラーズループ】Angler’s loop

これまでにロープや紐で端にループを作るロープワークは多数紹

本結び【画期的な解除法】もう苦労しませんHow to release Square knot revolutionary

今回は「結ぶ」ロープワークではなくて(汗)、「解除する」ロープ

→もっと見る




    • 101259総閲覧数:
    • 79834総訪問者数:
  • 植木屋として20年以上仕事をしていますが、これまでに積み上げてきたスキルや自身で考案した結び等、生活に役立つ情報を配信していきます。

  • 個人情報の保護について

    「http://hitorioyakata-blog.com/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

    個人情報の収集について

    利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

    広告の配信について

    当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
    DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。
    お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。
    その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

    ウェブサーバの記録

    当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

    免責事項

    利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

    ひとり親方のブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑