便利な紐の結び方カラビナを使ったロープワーク【Carabiner hitch】

スポンサーリンク

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方」です。2019年チャンネル登録者は2万人を超え多くの方にご視聴いただいています。

今回は登山やキャンプ・アウトドアそして釣り等、様々な場面で使用されるカラビナを使ったロープワークのご紹介になります。
対象物に毎度「結ぶ」となると面倒なのでカラビナを使用すると作業が楽になりますよね。
ボクは普段造園の仕事をしていますが、そこでもカラビナはちょっとした事でも役に立つので常備しています。

体重を掛けるような場面では「ロック機能」が付いたカラビナを使用します↓

さて、このカラビナに結び付ける画期的なロープワークをご紹介します。
その名も

「カラビナヒッチ」(笑)

ボクが名付けました。後でも書きますがこれはオリジナルロープワークで決して他のサイト、動画で見ることは出来ません。

結び方はとても簡単です。実際にご覧になってそのスゴさを体感してみて下さい(笑)
※動画の内容にご満足いただけましたら、チャンネルの登録と動画内の高評価ボタンのクリックのご協力をお願いします。

どうでしたか?「カチッカチッ」と2度カラビナに紐を掛けるだけで丈夫なロープワークが出来るんです。
カラビナの特性を上手く利用した夢のようなロープワークですよね♪

スポンサーリンク

いつもの考案者

さて一体誰がこんな素晴らしいロープワークを考案したのかというと・・
このブログやYouTube動画で度々お知らせしています海外の視聴者デーブさんが考えました。

元は彼のお父さんが使用していたロープワークに改良を加えたものになります。
グランドラインヒッチというロープワークがありますが彼のお父さんはこのロープワークでカラビナに結んでいました。それをバッグノットでカラビナに結ぶ方法をデーブさんが考えました。グランドラインヒッチよりもバッグノットの方が良い理由については以前に動画で解説しています。

デーブさんは道具に頼らずロープや紐を活用してお仕事に従事されています。その姿勢からいろんなアイデアが浮かんでくるのでしょうね。
ボクも仕事で不便を感じることがあれば活用・転用できないかアレコレ考えます。そんな時間が楽しくも感じるようになりました(笑)
いつもスキル提供に惜しむことなくいろいろと教えてくれるデーブさんに感謝しています。

「1本の紐」を結ぶときの定番ロープワークとして是非とも覚えて下さい(^▽^)/
ちなみに「2本の紐」をカラビナに固定したい時は「ブルヒッチ」がおすすめです。

体重を預けるので丈夫にしたいのか、ちょい掛けですぐに使用したいのかなどで使い分けることが出来ますね。
ボクも仕事ではそんな感じで使い分けています。
バッグノットはヒッチ系の中でもトータルバランスが優れているのでいろんな場面で活用できそうです。後日他の活用について動画でまとめてみようと思っていますのでお楽しみに(^▽^)/


◆YouTubeで作業の手助けになる動画をたくさん作ってます


「ひとり親方ロープワーク」チャンネルはコチラをクリック

「勉強になったな~」「ぜひトライしてみよう!」と共感して下さった皆様!よかったら↓ポチってランクアップのご協力をお願いいたします!(`・ω・´)ゞ

造園業・植木屋ランキング

スポンサーリンク

関連記事

カラビナを使用したロープワーク ガルダーヒッチ

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

カメラの三脚を固定してタイムラプスを撮影する紐の便利な結び方

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

支柱・竹垣を結ぶ【綾掛け、いぼ結び】分かり易い解説動画付き

造園工事で使用されるロープワーク ボクの本職は植木屋で、竹を交差して竹垣を作る時は必

記事を読む

【ロープワーク】靴ひものほどけない結び方:イアンノット

紐靴って結んだり外したりするのが面倒に感じる方って結構いらっしゃるんじゃないかなぁと思います

記事を読む

荷物を固定する便利な結び「神戸ヒッチ」

夢のようなロープワーク キャンプで荷物をまとめたり、束ねたりするときに紐を使ってギュ

記事を読む

ウクレレストラップ【微調整可!】便利なロープワーク

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

自在に動かせる結びの応用編!「ランチボックスノット」激レアな結び方

以前に大変便利な結びである「アジャスタブルグリップヒッチ」を紹介しました。 自在に長さを調

記事を読む

荷物を素早く固定する結び方【Bag Tie】爆速ロープワーク!

海外の視聴者さん情報 ボクのYouTubeチャンネル「ひとり親方ロープワーク」では、

記事を読む

袋の口を縛る結び方【粉屋結び】Miller’s knot

袋を閉じるロープワーク 今回は【粉屋結び】です。 日常生活で使用した袋を閉じる機会

記事を読む

もやい結び キャンプで役立つ最速のロープワーク Ninja Bowline Knot

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

便利な紐の結び方【防災】安全に仕事をする方法

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

アクセサリーとして使える紐の結び方【Multiple Figure 8 Knot】

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

紐やロープの便利な結び方【繋ぐ方法】Shake Hands Bend

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

キャンプや釣りで便利な紐の早い結び方【Siberian hitch】急いでいる時ササッ!と結べます

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

紐の便利な結び方【ナポレオンマット】活用術Ocean plait mat

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

→もっと見る




    • 493938総閲覧数:
    • 390034総訪問者数:
  • 植木屋として20年以上仕事をしていますが、これまでに積み上げてきたスキルや自身で考案した結び等、生活に役立つ情報を配信していきます。

  • 個人情報の保護について

    「http://hitorioyakata-blog.com/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

    個人情報の収集について

    利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

    広告の配信について

    当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
    DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。
    お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。
    その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

    ウェブサーバの記録

    当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

    免責事項

    利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

    ひとり親方のブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑