ド素人が初めて「撮影許可」の申請書をもらってきた

公開日: : 最終更新日:2018/09/25 YouTuberとして , , , ,

今まであまり意識することなく当たり前のように公園や観光地で撮影をしてきました。子供の成長の記念に公園でパシャリ。観光地で家族でパシャリ。どこでも見かける光景です。個人で楽しむ程度ならトラブルになることはまずないと思いますが、それが企業であったり、収益をあげているボクたちのようなユーチューバー(・・まだタマゴだけど)はそういう訳にはいきません。後々トラブルの原因ともなりますので必ず事前に撮影の許可と申し込みをしないといけません。

素人が「撮影許可」を考えるようになったいきさつ

きっかけはやはり大阪の人気ユーチューバー、「ケニチ」さんとの出会いでした。彼とコラボする特別な機会に恵まれ、そこで撮影に至るまでの下準備など行動を共にして一部始終観察することが出来ました。
→ケニチさんのライブに出演しました

彼の動画を見ていると、ただ西成の繁華街をブラブラとハシゴしているだけのように見えますが、実はそうではなくて前もって撮影に入る現場全て一巡して撮影許可を取ってから撮影に入っているんです。当たり前のことを言っているように感じるかもしれませんがこういう場面はほとんど動画に出てくることはないので勉強になりました。

スポンサーリンク

撮影時の注意事項とは?

話を戻しますが今年はボクもいろんな撮影に挑戦してみたいと思い、とある観光スポットへ行って関係する管理事務所へお邪魔しました。
そこでお話を伺うと、企業はもちろんのこと個人でも収益をあげてビジネスとして撮影をするとなれば念のため申し込みを行って下さいとのことでした。

ボクのチャンネルはまだまだ大きいとはいえない規模ですが、チャンネル登録者が大きいチャンネルほど視聴者への影響力も大きくなります。そうなればトラブル時の責任の所在やモラルをしっかり守って公益となる撮影を特に望まれますので許可も必要となってくるのです。

そのようなわけで初めて撮影許可の申請書と注意事項の記載された用紙を頂いてきました。

何か・・・気合が入りますよね。

今までごくごく普通の一般人として気に掛けることもなく撮影していたものですから、用紙を手にして良くも悪くも社会に影響の与えかねない動画を公開している人間になったのかなぁと思いました。

どこの撮影現場でも注意事項は共通すると思いますが、今回頂いた用紙を簡単にまとめますと、

社会のモラル・マナーをよく守ること

電源・水道を含め必要とするものは原則、自分で用意すること

損害・事故の責任は全て申込者が負うこと

個人情報保護法や著作権法をしっかり守ること

こうした点が強調されていました。軽い気持ちでかかるものではなくしっかり責任をもってやらないとダメですね。

これからクリエイターを目指している皆さん、トラブルの原因にならないためにも公の場所での撮影は必ずしかるべき場所で許可を頂いてから行うようにしましょう!



↓注目記事シリーズ

【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで①いきさつ編
【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで②事業不振編
【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで③無料ブログ編
【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで④YouTube編

◆YouTubeで作業の手助けになる動画をたくさん作ってます


「ひとり親方ユーチューブ」チャンネルはコチラをクリック

「勉強になったな~」「ぜひトライしてみよう!」と共感して下さった皆様!よかったら↓ポチってランクアップのご協力をお願いいたします!(`・ω・´)ゞ

造園業・植木屋ランキング

関連記事

YouTubeを始めるための必要な機材

初心者がYouTubeを始めるために勧める機材 ボクはキャンプやアウトドア、テントや

記事を読む

YouTubeチャンネル登録者を増やした、5,000人になるまでの歩み

私事ではありますが(汗)先日、YouTubeの「ひとり親方ロープワーク」のチャンネル登録者が

記事を読む

YouTube人気動画の秘訣【付加価値】をつける大切さ

久しぶりに動画表示どうなってんだろ?と思って「ひとり親方ロープワーク」ボクのチャンネルで人気

記事を読む

YouTube公開した動画を見直すメリット

先日、「忍者もやい」の動画を公開した記事を書きましたね。 ボクのチャンネルの動画をずっとご

記事を読む

自営業の老後/画:上田惣子【文響社】を読んで感銘を受けた

ひときわ目を奪われたタイトル 知識を蓄えるべく、足繁く図書館に通っては本を借りて読書

記事を読む

YouTube【ネタ切れ防止】ブレインストーミングやってる?

ロープワークをメインに動画を配信している「ひとり親方ロープワーク」も今年5月で3年目に入りま

記事を読む

時は金なり 好循環を生み出すための意識改革

「生き急ぐこと?」 これまでにボクが植木屋という仕事で生計を立てていることは記事に書

記事を読む

YouTube概要欄の【リンクを短く】表示させる方法

※記事の終わりに大事な追加情報を書いています。 YouTubeの動画を見ていてさらに情

記事を読む

YouTubeパートナープログラム【YPP】収益化のコツ

さらに厳格化される基準! 昨年にYouTubeは収益化するための基準を引き上げました

記事を読む

YouTubeアナリティクスの収益をドルから円に表示する方法

YPP(YouTubeパートナープログラム)の基準を満たすようになるとようやく広告収入を得る

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

紐を遠くから操る面白いロープワーク【ハイウェイマンズヒッチ】Highwayman’s Hitch

今回はちょっと変わったロープワークをご紹介します。

ロープの末端処理【索端止め】ほつれを止めるロープワーク

今回はロープの末端のほつれを防ぐロープワーク「索端止め」をご紹

イアンノット考案者【イアン・フィゲン】と知り合いになった!

「イアンノット」考案者から素敵なプレゼント 少し前にな

支柱・竹垣を結ぶ【綾掛け、いぼ結び】分かり易い解説動画付き

造園工事で使用されるロープワーク ボクの本職は植木屋で

お役立ち【ロープワーク】長さを自在に調整する結び

今回は普段何気なく日常生活で使用しているロープワークで、ボクが

→もっと見る




    • 61284総閲覧数:
    • 47812総訪問者数:
  • 植木屋として20年以上仕事をしていますが、これまでに積み上げてきたスキルや自身で考案した結び等、生活に役立つ情報を配信していきます。

  • 個人情報の保護について

    「http://hitorioyakata-blog.com/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

    個人情報の収集について

    利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

    広告の配信について

    当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
    DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。
    お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。
    その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

    ウェブサーバの記録

    当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

    免責事項

    利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

    ひとり親方のブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑