紐やロープを固定する結び【ねじ結び】Timber Hitch

公開日: : 荷物の固定・結束 , ,

スポンサーリンク

今回は【ねじ結び】です。まずはやり方を動画でご確認ください。
※動画の内容にご満足いただけましたら、チャンネルの登録と動画内の高評価ボタンのクリックのご協力をお願いします。

紐やロープを支柱に結んでテンションを張ることによって固定します。
以前にもこのようなタイプのロープワークをご紹介したことがありますね。
→馬つなぎ・エバンスノットの記事はコチラ

馬つなぎの動画はエラく人気で(汗)公開して1か月で3万回以上視聴されました。

比較するとねじ結びの方がシンプルなので時間がかかりませんが、テンションが緩むと一気に外れてしまうことがあります。
それぞれの特性を活かしてケースバイケースで使用すると良いと思います。

由来

ボクは最初、その形状が「ネジ」に似ているので「ねじ結び」と名付けられたのかなぁと勝手に思っていましたが(笑)
どうやら捻じる動作を「捩ず」(ねず)と言い、それがなまって「ねじ」となったようです。

英語圏では”Timber Hitch”と呼ばれています。
Timberは「材木」のことで、多分古くから切り倒した木を運搬するのに「ねじ結び」が使用されていたのだろうと推測できます。
きっと何往復もしたでしょうから、このような「結びやすくて外しやすい」ロープワークが重宝されたでしょうね。

スポンサーリンク



このようにロープワークを紹介するにあたって由来などもボクは調べるのが好きなんですが、頂いたコメントに

評価してくださる方もいらして、やって良かったなぁと思っています。

海外の視聴者さんであるデーブさんは子供の時に、電柱を運搬する際に作業員がこの結びを使用していたとコメント下さいました。
ロープワークって歴史が長くて世界中で使われているんだなぁ・・と改めて感じました(笑)

海外の方のために英語字幕を付けるようにしていますが、今後も海外の方からのいろんなコメントが来るといいなぁ☆彡
言語を必要としないジャンルですので世界中の方から見てもらえると嬉しいです。

さて、本日2018年10月28日(日)休日出勤で仕事も終えて一段落(汗)
この時期は剪定の繁忙期で休みもなかなか取ることが難しい時期です。
撮影する時間もないので繁忙期に入る前に撮り貯めたものをこうして少しずつ公開しています。
12月初旬までアップロードが済んで公開予約状態ですが、年末分までどうにか撮影をしないといけません(汗)
体力持つかなぁ・・(笑)頑張ります!



◆肉体労働者が「汗を流さず」所得を得る方法を構築
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで①いきさつ編
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで②事業不振編
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで③無料ブログ編
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで④YouTube編
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで⑤Googleアドセンス編

◆YouTubeで作業の手助けになる動画をたくさん作ってます


「ひとり親方ロープワーク」チャンネルはコチラをクリック

「勉強になったな~」「ぜひトライしてみよう!」と共感して下さった皆様!よかったら↓ポチってランクアップのご協力をお願いいたします!(`・ω・´)ゞ

造園業・植木屋ランキング

スポンサーリンク

関連記事

支柱同士を結束する結び【角縛り】Square Lashing

支柱同士を組み合わせて結束する機会は意外とあるもんですよね。 ボクの本業の庭仕事でしたら植

記事を読む

結束結び/アウトドア・キャンプで束ねる時にとても便利な結び方

あまり見かけない結び 一昔前は材木屋で角材などをまとめて購入した時によく見かけた結び

記事を読む

カメラの三脚を固定してタイムラプスを撮影する紐の便利な結び方

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

「トラッカーズヒッチ」と「神戸ヒッチ」の違い

以前に 「引くだけでオートロック‼」 と銘打って公開した神戸ヒッチというロ

記事を読む

【紐の結び方】キャンプで使える結束/解除が一発の便利な結び方

以前に海外のYouTubeの視聴者さんからとても貴重な情報を頂きました。「カナディアンジャム

記事を読む

支柱・竹垣を結ぶ【綾掛け、いぼ結び】分かり易い解説動画付き

造園工事で使用されるロープワーク ボクの本職は植木屋で、竹を交差して竹垣を作る時は必

記事を読む

自在に動かせる結びの応用編!「ランチボックスノット」激レアな結び方

以前に大変便利な結びである「アジャスタブルグリップヒッチ」を紹介しました。 自在に長さを調

記事を読む

ウクレレストラップ【微調整可!】便利なロープワーク

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

本結び【画期的な解除法】もう苦労しませんHow to release Square knot revolutionary

今回は「結ぶ」ロープワークではなくて(汗)、「解除する」ロープワークです。 恐らくロー

記事を読む

段ボールの紐の結び方【ガッツリ締める方法】

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【Youtube】自分で市場を作り仕事をする方法

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

キャンプや釣りで役立つ便利な紐ロープの結び方【Kalmyk loop】仕事でも使ってます

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

【YouTube】スマホで綺麗に動画撮影する方法【室内編】

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

【生活を助ける仕事】副業としてネットビジネスはツールとなるか?人生100年時代を見据えて

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

【芸能人YouTubeチャンネル】進出の明暗を分ける理由を考えてみた

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

→もっと見る




    • 750635総閲覧数:
    • 574774総訪問者数:
  • 植木屋として20年以上仕事をしていますが、これまでに積み上げてきたスキルや自身で考案した結び等、生活に役立つ情報を配信していきます。

  • 個人情報の保護について

    「http://hitorioyakata-blog.com/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

    個人情報の収集について

    利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

    広告の配信について

    当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
    DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。
    お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。
    その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

    ウェブサーバの記録

    当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

    免責事項

    利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

    ひとり親方のブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑