アイデアを出す方法【マンダラート】大谷翔平さんから学ぶ

公開日: : YouTuberとして , ,

スポンサーリンク

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方」です。2019年チャンネル登録者は10,000人を超え多くの方にご視聴いただいています。

今回は具体的なアイデアを生み出すために助けとなる「マンダラート」という技法をご紹介します。

YouTuberやブロガー、他の職種でもそうですが、「アイデアを生み出す」ことが生命線となる業種は数多くありますよね。
でも毎日の作業の中でそれが難しくて「行き詰まる」感に捉われることもあります(笑)

今のボクがそうです(笑)そんなとき皆はどうしているんだろうと少し調べてみました。
すると1つの方法として「マンダラート」が紹介されていたんです。

簡単に内容をご紹介すると、マンダラートは、仏教に登場する曼荼羅模様をアイデアにしたものらしく、


出典:ウィキペディアより

これに似たマス目に1つ1つアイデアを書いていくことで自然にアイデアを広げていくことができます。曼荼羅+アートという造語でマンダラート(mandal+art)という名前が付けられたそうです。

ボクのようにアイデアに「行き詰まり」感が出始めたときに、半ば強制的に派生語句を出していくことができます(笑)

スポンサーリンク

★ブロガーとしてPV数を上げるために取り組んでいること★
→サーチコンソールを使ってブログの改善を図る
→ブログのリライトでまずやるべきこと
→ブロガーTouTuberの備忘録法アイデアはすぐに「残す」
→【WordPress】YouTube動画をレスポンシブサイズで埋め込む方法をやってみた

方法と具体例

実は今では二刀流でお馴染みの大リーガー大谷翔平選手も自分の立てた目標・夢のためにこの技法を使用していたそうです。
彼の手記(参考:スポーツニッポン)を参考に彼の作ったマンダラートを再現してみました。

このように9つからなる「大枠」の中心にメインとなる目標・計画を書きます。一番中心にあるのが当時高校生だった彼の目標です。
そして「中心の大枠」メインの周りに、実現するための思いつくアイデアを書き足していきます。

次に書き出したアイデアをそれぞれ「外周の大枠」の中心に書き写します。
そして今度はそれぞれを実現するための具体的な取り組みを書いていきます。

そうすることで頭の中を整理することが出来ますね。それにしても彼が夢を実現するために「人間性」や「運」を取り上げていたことがとても興味深かったです。

投手・打者だけのスキルだけを目標に据えていなかったことが現在の成功に繋がっていたと思いますね。自分だけじゃなく「周り」からの応援・支援も大きな力となります。それを高校生が考えていたなんて素晴らしい・・

いかがでしたか?
確かに煮詰まった?(笑)アイデアを具体化・可視化できる技法としてマンダラートは役立ちそうですよね!
ぜひ活用してみてください。
ボクもマンダラートを活用してネタ切れ防止に努めたいと思います(汗)


◆YouTubeで作業の手助けになる動画をたくさん作ってます


「ひとり親方ロープワーク」チャンネルはコチラをクリック

「勉強になったな~」「ぜひトライしてみよう!」と共感して下さった皆様!よかったら↓ポチってランクアップのご協力をお願いいたします!(`・ω・´)ゞ

造園業・植木屋ランキング

スポンサーリンク

関連記事

YouTube【収益化成功】「軸のある」制作本数の大切さ

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひ

記事を読む

YouTube収益化に成功して稼ぐ方法

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひ

記事を読む

【YouTuberの階層別の分布】傾向について考えてみた

自分のYouTubeチャンネルの規模がどれくらいのものなのだろう?と思われたことはありません

記事を読む

YouTube動画【無断転載】BuzzVideoに掲載される

いやぁ・・ まさかと思いましたが・・ ボクの動画が・・ 無断転載されてまし

記事を読む

スマホで外部マイクを認識させる方法【Android限定】

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

YouTube 全ての動画の説明文を一括で変更する方法

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

グーグル検索の上位動画に表示されるようになった

検索順位が目まぐるしく変化する中 今月に入ってからグーグルで検索コアアルゴリズムの更

記事を読む

魅了するコンテンツ作り韓国歌手J.Fla(ジェイフラ)から学ぶ

ボクのとっても大好きな曲の1つにColdplay(コールドプレイ)の「Viva La Vid

記事を読む

カメラの三脚を固定してタイムラプスを撮影する紐の便利な結び方

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

YouTube収益化成功するための基本スタイル

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

キャンプや釣りで便利な紐の結び方【横結びと縦結びの違い】知ってると得します

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

紐の便利な結び方【China button knot】ボタンやアクセサリーにおすすめ

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

便利な紐の結び方【防災】安全に仕事をする方法

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

アクセサリーとして使える紐の結び方【Multiple Figure 8 Knot】

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

紐やロープの便利な結び方【繋ぐ方法】Shake Hands Bend

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

→もっと見る




    • 544298総閲覧数:
    • 426831総訪問者数:
  • 植木屋として20年以上仕事をしていますが、これまでに積み上げてきたスキルや自身で考案した結び等、生活に役立つ情報を配信していきます。

  • 個人情報の保護について

    「http://hitorioyakata-blog.com/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

    個人情報の収集について

    利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

    広告の配信について

    当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
    DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。
    お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。
    その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

    ウェブサーバの記録

    当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

    免責事項

    利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

    ひとり親方のブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑