段ボールの紐の結び方【ガッツリ締める方法】

スポンサーリンク

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方」です。2019年チャンネル登録者は10,000人を超え多くの方にご視聴いただいています。

今回は荷物梱包時の結束や使い終わった段ボールをしっかりまとめるために役立つロープワークをご紹介します。
その名も【カナディアンジャムノット】。ちょっと変わったネーミングですよね(笑)
引いた紐の牽引力を保持しながら2倍の力で引き込むことが出来ます。(負荷抵抗は無視)

では早速ですが結び方についていつものように動画にまとめていますのでご覧ください。
※動画の内容にご満足いただけましたら、チャンネルの登録と動画内の高評価ボタンのクリックのご協力をお願いします。

「ひとり親方ロープワーク」

◆肉体労働者が「汗を流さず」所得を得る方法を構築
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで①いきさつ編
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで②事業不振編
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで③無料ブログ編
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで④YouTube編
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで⑤Googleアドセンス編

スポンサーリンク

神戸ヒッチも良いのだが・・

「2倍の牽引力で保持」という条件では「神戸ヒッチ」も便利なロープワークです。

個人的にはかかる手間を考えると神戸ヒッチの方が早く結べるのかなぁ・・と感じていますが(笑)
動画で解説した通り、以前に神戸ヒッチでは難しい場合があるとのコメントを頂いたことがあります。でも厳密に言うと「出来ない」という訳ではなくて、紐を引く時のやり方に一工夫が必要となります。まぁこの辺はかなりマニアックな話になってきますので(汗)動画でも説明は加えませんでした。

ボクの場合PPロープのゴワつきが原因で引き込みが難しい時は、「2段階」で引き込むようにしています。
どういうことかというとですね・・ちょっと説明が難しいのですが、片方の手で送り出しながらもう片方の手で引き込むんです。

ループに通す前の紐を送り出しながら引き込む。こうすることで抵抗を少なくしてやることが出来るので神戸ヒッチでも結ぶことが出来ます。

嬉しいコメント

今回は海外の視聴者デーブさんからとても嬉しいコメントを頂きました。

いつもの(笑)グーグル翻訳先生にお願いして翻訳すると・・
「ジャムノットを使用するための巧妙な方法は、常にあなたがノットを適応させるための面白いと珍しい方法を見つける方法に私を驚かせます。」

ちょっと面白い日本語にはなりますがアイデアが面白いと言って下さっているのだと思います☆彡
アイデアを捻出することに一番時間がかかっていつも悩みの種となっているので(汗)
そういう部分を見て評価して下さったことはボクにとって何より嬉しいことでした。

コメントはボクの励みになっています、皆さんもお感じなられたことをお気軽に下さいね(^▽^)/


◆YouTubeで作業の手助けになる動画をたくさん作ってます


「ひとり親方ロープワーク」チャンネルはコチラをクリック

「勉強になったな~」「ぜひトライしてみよう!」と共感して下さった皆様!よかったら↓ポチってランクアップのご協力をお願いいたします!(`・ω・´)ゞ

造園業・植木屋ランキング

関連記事

ウクレレストラップ【微調整可!】便利なロープワーク

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

荷物を固定する便利な結び「神戸ヒッチ改」【KOBE HITCH KAI】

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

紐ロープの便利な結び方【強化もやい】結びの王様「もやい結び」の強化版

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

支柱やカラビナに留める便利なロープワークBull hitch

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひとり親方

記事を読む

片手で結べるロープワーク【バックハンドヒッチ】

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひ

記事を読む

袋の口を縛る結び方【粉屋結び】Miller’s knot

袋を閉じるロープワーク 今回は【粉屋結び】です。 日常生活で使用した袋を閉じる機会

記事を読む

「トラッカーズヒッチ」と「神戸ヒッチ」の違い

以前に 「引くだけでオートロック‼」 と銘打って公開した神戸ヒッチというロ

記事を読む

男結び(イボ結び)の正しいやり方

ロープワークをメインに 「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています

記事を読む

支柱を固定する結び【ボアノット】最強の保持力Boa Knot

今回は【ボアノット】の紹介です。 造園関係やアウトドアでもよく使用される「クロ

記事を読む

紐を遠くから操る面白いロープワーク【ハイウェイマンズヒッチ】Highwayman’s Hitch

今回はちょっと変わったロープワークをご紹介します。 その名も「ハイウェイマンズヒッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【なんでも縛る便利な結び方】ひばり縛り(仮)ひばり結びの応用

ロープワークをメインに 「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャ

【便利な結び方】ロープや紐を滑らないようにしっかり引く方法「てこ結び」

ロープワークをメインに 「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャ

【ロープ紐を強く引き締める】アンカーヒッチ便利な結び方Anchor hitch

ロープワークをメインに 「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャ

【紐ロープをつなぐ】一重継ぎをもっと簡単に結ぶ方法Improved version of Seet bend

ロープワークをメインに 「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャ

ロープで簡単に輪を作る【逆もやい】現場での活用法

ロープワークをメインに 「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャ

→もっと見る

  • 写真素材 PIXTA




    • 1172924総閲覧数:
    • 907682総訪問者数:
  • 植木屋として20年以上仕事をしていますが、これまでに積み上げてきたスキルや自身で考案した結び等、生活に役立つ情報を配信していきます。

  • 個人情報の保護について

    「https://hitorioyakata-blog.com/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

    個人情報の収集について

    利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

    広告の配信について

    当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
    DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。
    お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。
    その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

    ウェブサーバの記録

    当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

    免責事項

    利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

    ひとり親方のブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑