YouTube【視聴者維持率】を効果的に上げる方法

公開日: : 最終更新日:2019/05/05 YouTuberとして , , , ,

スポンサーリンク

重要視されていたものが変化

YouTubeで動画を配信されている方の中のほとんどの方は「収益化」することに強い関心をお持ちだと思います。
2018年2月にYouTubeはこの収益化の基準に関して大きな変更を加えました。
↑関連記事

ご存知の方も多いと思いますが(汗)簡単におさらいすると、

チャンネル登録者1,000人以上

視聴時間が年間4,000時間

というものでしたよね。それ以前は「累計1万回再生」という基準でしたので大きな変更と言えます。
以前に、この点に関して基準を満たすために取り組むことのできる方法を、自論ですが(笑)動画で解説したことがあります。良かったらご覧ください。
※動画の内容にご満足いただけましたら、チャンネルの登録と動画内の高評価ボタンのクリックのご協力をお願いします。

「大切にすべき数字」

先程も触れた通り、基準が「回数」から「時間」へとシフトされたことによってボクたちユーチューバーが関心を払わないといけないものも変化しました。
皆さんはアナリティクスの中で特に大切にしないといけないところはどこだと思いますか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

それはボクは「視聴者維持率」だと思っています。もちろん視聴回数も考慮に入れるべき数字であることに変わりはありませんが、離脱が激しいことに気付かなければ「年間4,000時間」を到達することの障壁となってしまいます。

せっかく作った動画があまり見られていなかったらとても残念ですよね(汗)

ボクが取り組んだこと

2018年7月13日現在、実はこれまで数本「視聴者維持率」の高い動画を作るために、その点を特に意識して動画を編集してきました。
※アナリティクスデータを掲載することは規約違反に抵触する恐れがあるため削除しました。すみません。
これまでは維持率が60%~70%くらいでした。

これまで自分のチャンネルの160本を超える動画を調査して、評価の高いものと低いもの、視聴者維持率の高いものと低いものを洗い出して徹底比較しました。

そして自分なりに共通点や違いを見出して良いと思える方法だけを盛り込んだ動画を作ってきた結果、
※アナリティクスデータを掲載することは規約違反に抵触する恐れがあるため削除しました。すみません。
維持率をキープするために意識的に取り組んだ結果、80%、成績の良い動画は90%を超えるものも出ました。

見事にドンピシャ!で高い維持率を保持できていました。結果が付いてきたので情報をお分かちできればと思っています。ただボクのチャンネルは「ハウツー」のジャンルに属するものなので全てに当てはまるわけではないのと、あくまで自論ですので(笑)あらかじめご了承ください。

視聴者維持率を上げる方法

「大切なもの順」に配置

どういうことかというとボクのチャンネルは「ロープワーク」をメインに扱っていますが、撮影している動画の中でも一番大切な場面は実際に「結んでいるところ」ですよね。そこに視聴者の関心があります。
それでボクはまず何も言わずに無言で(笑)それを披露している動画を一番前に持ってきました。できれば失敗なくスムーズにそれを行います。
で、そのあとに簡単に自己紹介を済ませたらすぐに本題に入る、最後にやってみた感想や注意点を話す。こういう順番で構成しています。

スポンサーリンク




視聴者の反応ってボクたちが思っている以上にとても速いです。
以前にこんなことがありました。小学生の息子が学校から帰ってきておやつの時間に録画したテレビを見ていました。そしたらですね、初めて見る内容にもかかわらず関心の薄いところは「30秒送りボタン」を押してすっ飛ばしていたんです!もうバンバン押してました!(汗)そんなんで内容が分かるのかなぁ・・と思うくらいのスピードです。
何かユーチューバーとしては恐ろしい光景を見てしまったような気分でした(笑)

昔のビデオとは違って一瞬で早送りできる機能が備わっていますから、小学生の子供でさえその機能を最大限利用してサクサク必要な情報だけを拾うようにテレビを見ているんです。

何が言いたいかお分かりですよね?
それだけ現在の視聴者の目は肥えています、飽きると飛ばされます。だから大事な点こそ最初に見せないといけないと感じました。

動画を作る側としては一番ミソとなる部分なのでなるべく引っ張って最後に見てもらって時間を稼ごう、なんて思いがちですが実は逆なんですよね・・

こうして最初の15秒くらいまでを特に関心のある方のために入念に作り込むことが大切だということが分かりました。
もちろんこの情報は多くの場所で共有されているもので、物珍しいものではないかもしれません。

↓YouTuberとして他にも役立つ情報を書いてます。合わせてお楽しみください。
→YouTube動画【無断転載】BuzzVideoに掲載される
→YouTube【視聴者維持率】を効果的に上げる方法
→検索上位するためSEO検証した結果Google検索上位に!
→YouTubeパートナープログラム【YPP】収益化のコツ
→YouTube顔出しのメリットとデメリットを考えてみた
→YouTubeカスタムURLの魅力
→YouTube公開した動画を見直すメリット
→WordPress公式提供 高機能プラグインJetpackの翻訳機能

キーワードは「信頼」

でもボクがここでハッキリ言いたいのは「盛る」ことよりも「本物」を魅せる方がより価値があるということなんです。
残念ながらあまり意識しすぎて「盛り過ぎた」誇張動画も存在します。皆さんも内容が期待していたものとは違い残念に感じたことはありませんか?それってボクはもったいないなぁと思っています。

商法としては立派な手段で当たり前のようにやりますが、素人が頻発してこれをやると簡単に信頼を損ねることになりかねません。

信頼って築くのには時間が必要ですが、壊れるのは一瞬ですよね(汗)

もちろん既に視聴者さんとの信頼関係が十分に築けていて、笑える範囲でのことは問題ないのかもしれませんが(笑)
でも先程も書きましたが視聴者の目は肥えていてすぐに「本物」と「偽物」を嗅ぎ分けます。

なので、ボクは最初に「この動画はあなたの関心を満足させる本物の動画ですよ!」というメッセージを伝えることは大切なんじゃないかなぁと思います。

どんどん競争相手は増えていきます。でも・・

本物は残ります!

そして築いてきた「信頼」「定評」は、長い目で見れば何物にも代えがたい「武器」になります。

この点を意識して作った動画はまだ数える程度しかありませんので分からないですが(笑)、それでも数字では結果が付いてきてますのでしばらくこの方法でやっていきたいと思います。



↓注目記事シリーズ

→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで①いきさつ編
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで②事業不振編
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで③無料ブログ編
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで④YouTube編
→【ネットでビジネス】肉体労働者が不労所得を得るまで⑤Googleアドセンス編

スポンサーリンク

◆YouTubeで作業の手助けになる動画をたくさん作ってます


「ひとり親方ユーチューブ」チャンネルはコチラをクリック

「勉強になったな~」「ぜひトライしてみよう!」と共感して下さった皆様!よかったら↓ポチってランクアップのご協力をお願いいたします!(`・ω・´)ゞ

造園業・植木屋ランキング

関連記事

YouTube人気動画の秘訣【付加価値】をつける大切さ

久しぶりに動画表示どうなってんだろ?と思って「ひとり親方ロープワーク」ボクのチャンネルで人気

記事を読む

YouTubeチャンネル登録者を増やした、5,000人になるまでの歩み

私事ではありますが(汗)先日、YouTubeの「ひとり親方ロープワーク」のチャンネル登録者が

記事を読む

ブログからYouTubeへ流入を増やす魔法の言葉

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひ

記事を読む

【WordPress】YouTube動画をレスポンシブサイズで埋め込む方法をやってみた

2018年、年の始めからワードプレスを使用した独自ドメインによるブログを運営してきておよそ半

記事を読む

自営業の老後/画:上田惣子【文響社】を読んで感銘を受けた

ひときわ目を奪われたタイトル 知識を蓄えるべく、足繁く図書館に通っては本を借りて読書

記事を読む

YouTube【収益化成功】始めるためのジャンルを選ぶコツ

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひ

記事を読む

YouTubeパートナープログラム【YPP】収益化のコツ

さらに厳格化される基準! 昨年にYouTubeは収益化するための基準を引き上げました

記事を読む

YouTube収益化に成功して稼ぐ方法

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひ

記事を読む

YouTube【顔出しメリット】データから解説

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネルを運営しています「ひ

記事を読む

【YouTuberの階層別の分布】傾向について考えてみた

自分のYouTubeチャンネルの規模がどれくらいのものなのだろう?と思われたことはありません

記事を読む

Comment

  1. […] でも尺が長ければ収益に結び付くというわけではありませんでした。以前に「視聴者維持率」の大切さについて記事にしましたよね。離脱が激しい動画には良い広告が付きにくいという […]

  2. […] この手法はボクが以前視聴者維持率を効果的に上げる方法で解説した通りの方法です。 […]

  3. […] してきました。 その間に動画の構成や編集スキルも大きく変更・成長もしました。 現在は高い視聴者維持率を叩き出す方法も経験則から導き出したので、この手法で落ち着いています。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

便利な紐の結び方【Butterfly knot】用途に応じた結び方の使い分け

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

キャンプや釣りで便利な紐の結び方【柄をデコる】West country whipping

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

キャンプや釣りで便利な紐の結び方【横結びと縦結びの違い】知ってると得します

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

紐の便利な結び方【China button knot】ボタンやアクセサリーにおすすめ

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

便利な紐の結び方【防災】安全に仕事をする方法

ロープワークをメインに「ひとり親方ロープワーク」YouTubeチャンネ

→もっと見る




    • 605279総閲覧数:
    • 471064総訪問者数:
  • 植木屋として20年以上仕事をしていますが、これまでに積み上げてきたスキルや自身で考案した結び等、生活に役立つ情報を配信していきます。

  • 個人情報の保護について

    「http://hitorioyakata-blog.com/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

    個人情報の収集について

    利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

    広告の配信について

    当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
    DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。
    お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。
    その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

    ウェブサーバの記録

    当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

    免責事項

    利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

    ひとり親方のブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑